たるみの無い美しい人に

たるみのある顔はもう見たくない!それなら整形しちゃいましょう

メリットが沢山ある

鏡を見る女性

気になる部位で最も多かったのが顔のたるみです。人の目に付きやすい部分なので気になる人が多いのも頷けるでしょう。顔のたるみがなくなるだけで見た目年齢はさらに下がります。

エステとの違い

頬を触る人

顔のたるみを取る方法は整形だけではありません。エステでも取り除くことが可能です。しかし、どちらに通えば良いのか迷っている人は、美容整形外科の治療とエステを比較してみるといいでしょう。

原因を探ろう

先生

表皮と真皮、皮下組織の三つで構成されていますが、真皮に含まれるヒアルロン酸やコラーゲンが減ると皮膚自体を支える力が損なわれてしまい、顔全体がたるんだようになります。特に20代をすぎると弾力と潤いを与える成分が減るので特定の人だけではなく、どなたでも加齢によるたるみを経験することになります。他の理由では、紫外線を浴びる生活を長く続けたことがたるみとなって出てくるものです。ただ、紫外線に全く当たらないという選択肢は現実的ではないため、外に出る際は必ず紫外線カットのクリームを顔へ塗るよう心掛ける必要があります。ちなみに、筋力の低下によるたるみも要因の一つでしょう。顔の筋肉を使う機会が少なかったり、デスクワークで全身を動かすことはなかったりすると筋力が少しずつ落ちてしまうため、運動をしている人よりはたるみやすい状態だといえます。対策としては、顔がたるまないよう表情筋を動かす事でしょうか。後はお肌の事を考えて夜10時から深夜2時までの間に眠ること、老化の元となる甘いスイーツを摂りすぎないことも重要でしょう。この間に寝ることで肌を修復する力が補われ、たるみにくくなります。こうした生活を長く続ける事に意味がありますが、すぐにたるみを改善したいなら整形がおすすめです。

顔のたるみをとってきた歴史の古い大手美容外科では、300万以上の症例を誇っているためどんなたるみも効果的に治してくれます。また、痛みを極力抑えた独自の治療法を使うので与える負担を最小限に、たるみのない完璧な顔に変身させます。自宅ケアではどうすることもできないものや、何をしても効果が現れないと諦めている人はぜひ美容整形を検討してみましょう。

クセがたるみやすくなる

医者

何気なく行っているしぐさが、顔のたるみを発生させるということを知らない人も多いでしょう。施術後はたるみが一切ない状態なので長く持たせるためにも日ごろからしぐさに気を付けましょう。

病院選びのポイント

鏡を見る女性

美容整形外科の治療で顔のたるみを改善する場合は、最初にカウンセリングを行うことが大切になってきます。そこで聞いておきたいことがいくつかあるので、メモにとっておきましょう。

ダウンタイムについて

カウンセリング

美容整形を受けることで顔のたるみをなくし、マイナス肌を手に入れられますが施術の種類でダウンタイムが違います。施術内容を決める前に知りたいことなので頭に入れておきましょう。