女の人

たるみのある顔はもう見たくない!それなら整形しちゃいましょう

  1. ホーム
  2. ダウンタイムについて

ダウンタイムについて

カウンセリング

顔のたるみを取る方法に、切るタイプのリフトアップ施術と、細い糸を使ってたるんだ箇所を引き上げる方法があります。近年は、糸で肌を刺激し、質を上げるという画期的な治療法も登場しており、若返りの方法は増える一方です。これらの施術によくある症状は術後の腫れ、痛み、内出血の三つです。麻酔が切れた後、強い痛みが出ますが想定内なので鎮痛剤が処方されます。これで痛みとは無縁でしょう。しかし、体質的に薬が効かないという場合は施術を受けた病院に連絡をして、指示を受けましょう。痛みの次に多いのが顔の腫れですが長い人で一週間以上、回復が早いと三日経過したあたりから収まってきます。度合については個人差がありますが不安なら医師へ直接聞いておきましょう。

顔のたるみ施術も技術の進歩で痛みと腫れがほぼない状態での施術が可能ですが、内出血も小さかったり大きかったりとその人によって大きさが違います。一度内出血したところは二週間から三週間は腫れっぱなしという状態です。そのため、たかが内出血と思わずダウンタイムが必要になることもあるでしょう。注射やメスを使わない方法で顔のたるみを取った場合、内出血のレベルは小さいですからメイクで誤魔化すことも可能です。今や手頃な方法で顔のたるみをなくせますが、ダウンタイムをゼロにすることは別に難しいことではありません。大手美容整形外科も患者の事を一番に考えた施術を多く用意していますから、自分の希望に合うものを提案してもらい安心安全に施術を受けましょう。