女の人

たるみのある顔はもう見たくない!それなら整形しちゃいましょう

  1. ホーム
  2. クセがたるみやすくなる

クセがたるみやすくなる

医者

デスクワークや力仕事をする人は、肩こりになりやすく健康面にも悪影響を及ぼします。それだけではなく、顔がたるみ疲れた印象になるなど、肩こりだけでマイナスになります。他にも目を必要以上にこするのもやめましょう。目にハリを与える眼瞼挙筋が弱くなり、目から頬にかけて非常にたるみやすくなります。目をこする時はなるべく優しく、クセでどうしてもこすってしまうようなら、手を目にもっていかないよう意識する必要があります。美容整形外科で治療をした後に気を付けたい事は他にもあります。まず、食べ物を噛む時は左右均等に噛むことを意識しましましょう。毎日同じ場所で噛んでしまうと顔が歪み、これがたるみの原因を作ってしまいます。虫歯が片方にあり、それをかばうように噛んでいるなら早急に治療をし、歯がない場合は入れ歯やインプラントを入れるなりして対策しましょう。よく噛むことで顎の筋肉が鍛えられるので、顔が自然とシャープになります。また、食べ過ぎ防止に繋がるので肥満による顔のたるみを予防できます。

よく頬杖をつく人も要注意です。施術後にやってしまうとそこだけ皮膚が伸びやすくなるため、長時間続けるとたるみが発生しやすくなります。さらに、毎回横向きで寝てもたるむが出るのでなるべく仰向けで寝るようにしましょう。すると、施術後にたるむ危険性がなくなり、長い間維持させられます。後は口をへの字にしないことでしょうか。口角が下がったように見えますし、本当は若いのに上に見られてしまいます。しかし、への字は美容整形できゅっと上げることで改善できるので、治療すれば口周辺の筋力が衰えることはないでしょう。